札幌で普通とは違う五十肩の施術

query_builder 2021/08/30
ブログ
shutterstock_329196347-1

皆さんこんにちは!

サムライ整骨院です!

 

なかなか、この世の中から無くならない、四十肩・五十肩。

 

実は、未だその治療方法や原因が判明していない五十肩ですが、正式名称をご存知ですか?

 

通称:四十肩・五十肩の正式名称は、

【肩関節周囲炎】と言います。

 

『肩関節周辺の炎症』という意味ですね。


特異的に40代や50代の方に起きることが多いことからよく、四十肩・五十肩なんて呼ばれています。

 

最近では、40代、50代の方々で、筋肉の断裂(肩板断裂)がみられなければ、ほとんど「うん。五十肩ですね」と言われてしまうようになりましたね。

 

実は、四十肩・五十肩には特徴的な症状があります。


最初は違和感

次に激痛と夜間痛(夜中に病むような痛み)

そして、可動制限(肩が上がらなくなる)

そのうち、動かさなければ痛くなく、肩を動かすと痛い。

徐々に、動かせつ範囲が増えていき、気付いた時には治っている。

 

という特異的な経過を辿ります。

そして、この気付いた時には治っている。という時期まで約1年半〜2年かかります。

 

実は、四十肩や五十肩は放っておいても勝手に治っていくことがほとんどな疾患です。

 

ですが、実は結構『五十肩ですね〜』と言われてたが、ちょっと五十肩とはいいにくい方も多くいらっしゃいます。

 

四十肩・五十肩症状の特徴は『夜間痛と結帯結髪動作(髪を結んだり、エプロンの紐を腰の後ろで結ぶような動作)ができない』ことです。

 

夜間痛はなく、結帯結髪動作がある程度できるものは正直なところ、四十肩・五十肩とは言えません。

 

他にべつの問題があります。

 

私が経験した例としては、10秒間、腕を真下に牽引しただけで、戻った方もいらっしゃいました。

 

この方、、、4件の整形を回ったんですけどね。笑

 

 

そんな『偽四十肩・五十肩』もあったりします。

 

そんな、四十肩・五十肩ですが、多くの場合が『上部僧帽筋』

という筋肉の脳からの【神経伝達ボリューム】が過剰に引き上がっており、他の肩関節を可動させる筋肉との調和がとれていないことがほとんどです。

 

その他もろもろなのですが、ここには個人差が出てくるので、コレとは言えませんが、ほとんどに共通しているのが、この上部僧帽筋の神経ボリュームの上がりすぎです。

 

当院では、この神経伝達のボリュームを特異的な方法でさげていくのですが、少々文章でお伝えするのが難しいのですが、簡単にいうと、脳にそのボリューム調整を再認識させるような感じです。


 

実は四十肩・五十肩の犯人は・・・・・・・・・・・・・・。


『上下関係へのストレス』から起きていることが多いです。

 

職場、夫婦感、嫁姑、何かの会の先輩後輩など。


コレらのストレスに脳がとらわれて、その防御反応として僧帽筋のボリュームが上がっていることが多いです。

 

四十肩・五十肩でお悩みの方はそのあたりも少し考えてみながら施術を受けてみてはいかがでしょうか?

 

四十肩・五十肩でお悩みの方はぜひ、こんな普通とは違う施術もいかがでしょうか?


お悩みの方は、どうぞ当院サムライ整骨院までご来院ください(*´∀`*)

 

 

 

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------

●サムライ整骨院●

札幌市中央区北1条西24丁目4−1

東光ストア円山店 2階(駐車場あり)

☎︎011-621-2096

LINEからのご予約が便利です!↓


【こちらから公式LINE登録をお願いいたします!】


*院長施術をご希望の方は、その旨をお伝えください!*

 

院長YouTubeチャンネルもよろしくお願いします😊↓


院長出版の電子書籍


当院オリジナル製品







NEW

  • 医学の父ヒポクラテスの25の格言

    query_builder 2022/10/06
  • 人は亡くなるとどこへ逝く?

    query_builder 2022/10/06
  • 治らないにも理由がある

    query_builder 2022/10/06
  • 多面性の視点を持つべし!

    query_builder 2022/10/06
  • この世は全て仮想現実。あなたも実は粒と波でしかない。

    query_builder 2022/10/06

CATEGORY

ARCHIVE